車査定攻略研究会

愛車を少しでも高く売却して節約する方法

そろそろ愛車を売りたいと思っていませんか?

 

では、あなたが自分の車を売りたいのはどうしてでしょう?

 

新車が欲しい/
燃費のいい車が欲しい/
駐車場代を払いたくない/
車が必要なくなった/
子供が生まれて今の車では狭くなった/
経済的に苦しくなってきた/

 

etc... いろいろ理由はあるでしょう。

 

 

 

でも、やはり【節約】したい!という思いからが最も多い理由ではないでしょうか?

 

車を買うのにももちろんお金がかかりますが、
さらに維持していくには毎年相当な費用がかかります。

 

 

実際アルファードが愛車の私も、改めて計算してみると
年間50数万円ものお金を愛車にかけていることに気づきました。

 

内訳としては、
ガソリン代:10,000円/月
オイル交換: 5,000円(1回/3か月)
駐車場代:18,000円/月
自動車税:45,000円/年
自動車保険代:140,000円/年
車検代:180,000円(1回/2年)
その他諸費:年間数万円 
※タイヤ、ワイパー、ランプ等交換費用。洗車等です。

 

これでも私の場合、知り合いに頼んで安くお願いしているので、相当抑えられている方だと思います。

 

ヴェルファイアが愛車の友達は、すべてをディーラーに依頼し100万円/年くらい使っていると話していました。
ディーラーで車検やオイル交換を行った場合、私の倍くらいの費用がかかるそうです。

 

それに、オイル代・ガソリン代等は多く乗るほど比例してかかってきますし、
税金や保険は、頻繁に乗る乗らないにかかわらず必要な費用で額もけっこう大きいので、
普段あまり気にせずかかるものとして払っているものも相当な出費であることが分かります。

 

燃費や維持費でみると、ガソリン車ではなく、ハイブリッドカーであればましなのでは?と思えますが、
実際の所は本当に出費を抑えられるのでしょうか。

 

 

例えば、プリウスの例で見てみましょう。

 

燃費の良いプリウスなのでガソリンにかかるお金はエンジンカーの50%くらいに抑えられます。

 

税金をみてみると、登録した次の年は2万円でOKですが、その翌年からは通常と同じだけの39,500円支払わなければなりません。
重量税に関してみても、新車購入時は免税ではありますが、1回目の車検時に7,500円、その次の回から15,000円必要になります。

 

ということで、ハイブリッドカーもガソリン代と最初の税金面だけ見れば得ですが、
長く乗るほど割引の額も減り、車検や消耗品のような諸経費は他の車と変わらないので
結局けっこうな維持費が必要になります。

 

こうして見るとプリウスでも年間40万円の維持費はかかってしまうことになります。

 

さらに、車を保持している以上修理・部品交換は必要ですので、そのたびにお金は必要になります。
そして、ハイブリッドカーの場合では、長く乗り続けたい人や中古車で買った場合はバッテリーを交換する費用が
17万円くらい必要だということも忘れてはいけません。

 

しかしながら、実際にいざというときに車がなければ不便だと不安に思う場合もあるでしょう。
そうした場合はタクシーを使えばよいのです。一見、タクシーというと高いとか贅沢とかいうイメージを持たれますが、
冷静に考えて年間100万円もの大金をタクシー代として使い切る人はそうそういません。

 

また疲れているときにわざわざ運転する必要もありませんし、
そもそも車を所持していないので、駐車場代も不要です。

 

それくらい車というのはぜいたく品で、更に高級な車であるほど維持にかかる費用も高くついてしまうということなのです。

 

なので、あなたも勇気を出して愛車を手放し節約しませんか?
ただし愛車を手放すからには、ちょっとでも高く買ってもらいたいですよね?

 

 

結論を言うと、下記のポイントを押さえていれば愛車を高く売れること間違いありません!
多くの方は知らないので実は損してしまっているのですが私はこの方法で実際得をしました!

 

1)ディーラーに下取りには出さない
2)そもそも下取りには出さない
3)愛車の相場を知っておく

 

それでは、順番に見ていきましょう。

 

 

1)ディーラーに下取りには出さない!

 

皆さんは、車を売りたい時、買い替えたい時、当然のようにディーラーに下取りしてもらうものだと思っていませんか?
下取りの上で新車を割り引してもらって得した気分になっていませんか?

 

節約目的で愛車を売却するという方には下取りという考えは無いかもしれませんが、
そもそもディーラーの仕事とは、車を高い値段で売って多くの利益を得ることが目的です。実はそここそが盲点なのです。

 

実際に下取りをしてもらって新車の見積もり書を見た際、下取りの金額は何万円になったのかきちんと説明を受けましたか?
新車の方の割引してもらった額やオプションばかりに気が行って実際の下取り額が具体的に何円になったのかごまかされているケースが非常に多いのです。

 

2) そもそも下取りには出さない!

 

そもそも下取りに出さないというのはディーラーに限ったことではありません。
民間の車やであっても中古車屋であっても、下取りに出す行為自体がNGなのです。
「下取り」ではなく「買取り」を依頼して下さい。

 

『下取り』とは新車を購入しようとする際に、今持っている車を売って新車購入の価格を安くしてもらうことです。
どうしていけないのかというと先ほどもお話した通り、下取りの金額があやふやになりごまかされてしまっているからです。

 

下取りの金額が分からない=高く売れたか?安く見積もられたのか不明。損得すら不明です。ですので、
どんな場合であっても『買取り』してもらうということを頭に入れておいて下さい!

 

3) 愛車の相場を知っておく!

 

ディーラーで売るのはNG、そもそも下取り自体がNGであるという話をしましたが、そもそも自分の愛車がいくらで売れるのか?
その価値をご存知ですか?大した価値は無いなんて考えていませんか?

 

実際、自分の愛車がいくらくらいの市場価値があるのかを知っていることに損はないのです。
いくつかの買取業者からの査定結果を把握しておき、一番高く査定額がついた所に買ってもらえばいいのです。

 

実際に、私は2007年式、走行距離=5万キロのハリアーが複数社に査定してもらったことで、
ディーラーにおける下取り額に比べて65万も高い価格で売ることができました。

 

また、今すぐは売りたくないけれど、数年後に売却しようと思っているケースでも、現在の査定額と数年後の値段を比べることで、
適正な査定額を知ることができるのです。

 

ここまでで“【下取り】ではなく【買取り】してもらわなければならない
”“複数の業者に見積りしてもらって愛車の価値を知っておく”ということはわかっていただけたかと思います。

 

だけど、複数の業者に一つ一つコンタクトして見積りしてもらうのって何だか考えただけで面倒でおっくうになってしまいますよね?

 

そんな時間も余裕もないし、ましてや比較して一番よい査定結果のところを選ぶなんて。。と心の中で思っていらっしゃる方も多いことでしょう。

 

そこで、そんなあなたにお勧めのサイトがあります。
【かんたん車査定ガイド】です!!

 

このサイトでは、最大10社の見積もりが一括比較でき、同時に愛車の最高買取り額が
わかるというとても便利な完全無料のサイトです。

 

複雑な入力も一切なく、メーカー・車種・年式・走行距離を記載すればよいのであっという間に終わります。
また入力後すぐ結果がわかり愛車の相場を知れるという点も非常に良かったです!!

 

 

>>すぐに結果がわかるかんたん車査定を試してみる方はこちら<<

 

 

2016/12/06 11:19:06 | ホンダ
ハイブリッドカー=“エコ”、スポーツカー=“燃費が悪い”というイメージをお持ちの方も多いかと思います。エコとスポーツカーその両面の特性を兼ね備えた、国内初のコンセプトの車、それがCR-Zです。発売当初、大変よく売れた、コアなマニアに人気の車です。114馬力に6速MTとCVTの2種のミッションを組合せ、“エコ”にも“スポーツ”にもどちらにもなれる車なのです。CR-Zは3つのモードで運転することができます。ECONモードでは燃費が良いが、加速感はやや落ちるモード、NORMALモードは普通の車と同様、環境性も加速もそこそこの一般的な運転をサポートします。SPORTモードは文字通り環境性はやや落ちるが...
2016/11/26 11:15:26 | トヨタ
1000-1500tクラスの3、5ドア小型ハッチバック乗用車の中でも人気があるのがトヨタのヴィッツですよね。安全面、デザイン、品質等どれも高く評価され、抜群の人気を誇っています。ヴィッツは、初代(1999〜2005年):SCP/NCP1#型、2代目(2005〜2010年):KSP/SCP/NCP9#型、3代目(2010年〜):KSP/NSP/NCP13#/NSP15#型等 と展開されています。発売から、15年以上たった今でも、根強い人気があります。カラーのバリエーションも人気の秘訣で、最新のモデルでは17色も展開されているのです。目を引くような奇抜なカラーからシンプルなものまで様々な色が揃えら...
2016/11/22 09:19:22 | ニッサン
大きすぎず使い勝手の良い、そして海や山も似合うステーションワゴンとして、日産ウイングロードは1996年に発売されました。それ以前には、日産にはサニーのワゴンモデルであったカリフォルニア、そして商用ADバンの派生モデルであったADワゴンが存在しましたが、この2車種を統合する形で開発されたのが、ウイングロードです。クラス的には、カローラ・フィールダーと同じカテゴリーで、このサイズは商用でも多く使用されていることから、街中での取り回しが非常にしやすいのです。1999年にはライダーと呼ばれる、エアロを装着したスポーティグレードも設定されるようになり、標準車はファミリーや年配の方に、ライダーは若者向けと...
2016/11/16 11:23:16 | ニッサン
スカイラインという車を持っていたからこそ、日産の知名度も不動であったと言っても過言ではない名車、それこそがスカイラインという車種です。箱型のボディを持ちながら、4代目以降は歴代丸目4灯のテールランプが与えられていたことから、その後姿を連想する方も多いのじゃないでしょうか。排ガス規制によってGT-Rが消滅していた時代もありましたが、それでもスーパーシルエットなど、いつの時代もファンをワクワクさせてくれました。このような背景から、中古スカイラインを求める層も多く、買取の専門でも買取額を高くしてもらいやすい車種と言えます。スカイラインの買い取り価格の状況スカイラインを中古車で求める人は、そのスポーツ...
2016/11/11 11:05:11 | トヨタ
2011年にトヨタのラインナップに加わったアクア。トヨタは世界初の量産ハイブリッドとして、1997年からプリウスを導入していますが、グローバル市場も視野に入れたため、2代目から後はサイズも拡大、エンジンもひとクラス上の排気量になっていったので、ワンランク下のサイズをカバーする車種が必要となりました。アクアは5ナンバーボディを持ち、初代プリウスよりも全長・全高は小さめなため運転もしやすく、日本の道路事情にもマッチした車種で、価格的にも安いのが売りです。絶対的なカタログ燃費はプリウスが上ですが、コンパクトさが特徴のアクアも好評を博しています。新車で購入する際も、プリウスが200万円の王代を超えてい...
2016/11/09 09:23:09 | ダイハツ
ダイハツタントは、2003年に発売され、今までずっとファミリー向けに非常に人気のある「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるタイプの軽自動車です。室内も広く、乗り降りしやすいこともあり、福祉車両として使用されたりもしています。そんなタントに長年のっているあなた、そろそろ売却を考えていたりしませんか?でも初期のタントなら、もう10年上経ってしまっているので、売りに出してもほぼ価値はないと勝手に決めつけていませんか?実はそんなことはないのです。どうせなら、きちんと売り方を理解して、少しでも高い価格で売りに出したいですね。自分のタントの市場での価値ってどれくらい?!2003年に初代Tantoが発売されてか...
2016/11/08 10:33:08 | トヨタ
トヨタから発売されているヴォクシーとは、若い層を中心に人気のある5ナンバーミニバンで、室内空間の広さや運転のしやすさからファミリーにも人気の車種です。今販売されているのは、3代目で、2014年から発売されている80系と呼ばれるものです。初代にさかのぼると、2001年から2007年まで製造・販売され、60系と呼ばれています。その次の2代目は、2008年から2013年に製造・販売されていたモデルで70系と呼ばれています。すべてのモデルに『煌』という特別使用車があり、3代目からはハイブリットも登場しています。兄弟車種であるノアとよく比較されますが、トヨタ内での販売系列店の違いのみで、基本性能は全て同...
2016/11/01 15:03:01 | ニッサン
キューブは、ご存じのとおり、1998年、日産で発売開始しました。発売当初は名前の通り、箱型で、さいころのような外観でした。2008年にフルモデルチェンジした後、外観は以前の車よりも丸みのあるデザインです。このかわいらしい外観は女性の心をわしづかみにしました。もちろん、外観ばかりだけでなく、小物入れがたくさんあることや、広い空間、シートのデザインが素敵なことでも女性の支持が多いようです。イギリスのメーカーと一緒にデザインした2006年発売のコンランなんて、リビングの中のような気分にさせる内装です。もちろん、男性にも喜ばれている所はあります。ライダーの正面を見ると、両サイドに4つ並んだライトがなん...
2016/10/31 10:59:31 | マツダ
1978年〜2002年までマツダから販売されていたスポーツカー=RX-7、コンパクトながらもロータリーエンジン搭載で1300tには感じられないハイパワーが売りでずっと人気を誇っています。RX-7は2002年に販売が終了されるまで、1978〜1985年に初代、1985〜1992年に2代目、1991〜2002年に3代目と展開されてきました。過去に有名な映画やアニメにこの車が使用され、ハンドリング、コーナリング性能の良いこのRX-7に根強いファンが多いのも特徴です。来年のモーターショーで新型が登場することもあり、再び注目が集まっています。そんな大切に乗ってきたRX-7を手放すことを考え始めている人も...
2016/10/20 19:15:20 | ホンダ
S2000というのは、平成11〜21年にホンダより発売されていた未だ人気の高いオープンカーです。エコを追及し、燃費も良い画期的なスポーツカーと言えます。しかしながら、最も新しい平成21年式と言えども、もう7年前の車なんですよね。古いし、今まで相当走ってきたので、高くは売れないだろうと諦めていませんか。また主流はコンパクトカーの今のご時世、オープンカーなんて高い価格では売れないと考えがちです。愛着もあるので、ずっと乗っていこうと思っている人も、チャンスがあれば売りに出したいと検討している人もいるでしょう。悩んでいるうちに時間はどんどん経ちます。そうです!今こそ動き出すべきときなのです!年数の経過...