車査定攻略研究会

愛車を少しでも高く売却して節約する方法

そろそろ愛車を売りたいと思っていませんか?

 

では、あなたが自分の車を売りたいのはどうしてでしょう?

 

新車が欲しい/
燃費のいい車が欲しい/
駐車場代を払いたくない/
車が必要なくなった/
子供が生まれて今の車では狭くなった/
経済的に苦しくなってきた/

 

etc... いろいろ理由はあるでしょう。

 

 

 

でも、やはり【節約】したい!という思いからが最も多い理由ではないでしょうか?

 

車を買うのにももちろんお金がかかりますが、
さらに維持していくには毎年相当な費用がかかります。

 

 

実際アルファードが愛車の私も、改めて計算してみると
年間50数万円ものお金を愛車にかけていることに気づきました。

 

内訳としては、
ガソリン代:10,000円/月
オイル交換: 5,000円(1回/3か月)
駐車場代:18,000円/月
自動車税:45,000円/年
自動車保険代:140,000円/年
車検代:180,000円(1回/2年)
その他諸費:年間数万円 
※タイヤ、ワイパー、ランプ等交換費用。洗車等です。

 

これでも私の場合、知り合いに頼んで安くお願いしているので、相当抑えられている方だと思います。

 

ヴェルファイアが愛車の友達は、すべてをディーラーに依頼し100万円/年くらい使っていると話していました。
ディーラーで車検やオイル交換を行った場合、私の倍くらいの費用がかかるそうです。

 

それに、オイル代・ガソリン代等は多く乗るほど比例してかかってきますし、
税金や保険は、頻繁に乗る乗らないにかかわらず必要な費用で額もけっこう大きいので、
普段あまり気にせずかかるものとして払っているものも相当な出費であることが分かります。

 

燃費や維持費でみると、ガソリン車ではなく、ハイブリッドカーであればましなのでは?と思えますが、
実際の所は本当に出費を抑えられるのでしょうか。

 

 

例えば、プリウスの例で見てみましょう。

 

燃費の良いプリウスなのでガソリンにかかるお金はエンジンカーの50%くらいに抑えられます。

 

税金をみてみると、登録した次の年は2万円でOKですが、その翌年からは通常と同じだけの39,500円支払わなければなりません。
重量税に関してみても、新車購入時は免税ではありますが、1回目の車検時に7,500円、その次の回から15,000円必要になります。

 

ということで、ハイブリッドカーもガソリン代と最初の税金面だけ見れば得ですが、
長く乗るほど割引の額も減り、車検や消耗品のような諸経費は他の車と変わらないので
結局けっこうな維持費が必要になります。

 

こうして見るとプリウスでも年間40万円の維持費はかかってしまうことになります。

 

さらに、車を保持している以上修理・部品交換は必要ですので、そのたびにお金は必要になります。
そして、ハイブリッドカーの場合では、長く乗り続けたい人や中古車で買った場合はバッテリーを交換する費用が
17万円くらい必要だということも忘れてはいけません。

 

しかしながら、実際にいざというときに車がなければ不便だと不安に思う場合もあるでしょう。
そうした場合はタクシーを使えばよいのです。一見、タクシーというと高いとか贅沢とかいうイメージを持たれますが、
冷静に考えて年間100万円もの大金をタクシー代として使い切る人はそうそういません。

 

また疲れているときにわざわざ運転する必要もありませんし、
そもそも車を所持していないので、駐車場代も不要です。

 

それくらい車というのはぜいたく品で、更に高級な車であるほど維持にかかる費用も高くついてしまうということなのです。

 

なので、あなたも勇気を出して愛車を手放し節約しませんか?
ただし愛車を手放すからには、ちょっとでも高く買ってもらいたいですよね?

 

 

結論を言うと、下記のポイントを押さえていれば愛車を高く売れること間違いありません!
多くの方は知らないので実は損してしまっているのですが私はこの方法で実際得をしました!

 

1)ディーラーに下取りには出さない
2)そもそも下取りには出さない
3)愛車の相場を知っておく

 

それでは、順番に見ていきましょう。

 

 

1)ディーラーに下取りには出さない!

 

皆さんは、車を売りたい時、買い替えたい時、当然のようにディーラーに下取りしてもらうものだと思っていませんか?
下取りの上で新車を割り引してもらって得した気分になっていませんか?

 

節約目的で愛車を売却するという方には下取りという考えは無いかもしれませんが、
そもそもディーラーの仕事とは、車を高い値段で売って多くの利益を得ることが目的です。実はそここそが盲点なのです。

 

実際に下取りをしてもらって新車の見積もり書を見た際、下取りの金額は何万円になったのかきちんと説明を受けましたか?
新車の方の割引してもらった額やオプションばかりに気が行って実際の下取り額が具体的に何円になったのかごまかされているケースが非常に多いのです。

 

2) そもそも下取りには出さない!

 

そもそも下取りに出さないというのはディーラーに限ったことではありません。
民間の車やであっても中古車屋であっても、下取りに出す行為自体がNGなのです。
「下取り」ではなく「買取り」を依頼して下さい。

 

『下取り』とは新車を購入しようとする際に、今持っている車を売って新車購入の価格を安くしてもらうことです。
どうしていけないのかというと先ほどもお話した通り、下取りの金額があやふやになりごまかされてしまっているからです。

 

下取りの金額が分からない=高く売れたか?安く見積もられたのか不明。損得すら不明です。ですので、
どんな場合であっても『買取り』してもらうということを頭に入れておいて下さい!

 

3) 愛車の相場を知っておく!

 

ディーラーで売るのはNG、そもそも下取り自体がNGであるという話をしましたが、そもそも自分の愛車がいくらで売れるのか?
その価値をご存知ですか?大した価値は無いなんて考えていませんか?

 

実際、自分の愛車がいくらくらいの市場価値があるのかを知っていることに損はないのです。
いくつかの買取業者からの査定結果を把握しておき、一番高く査定額がついた所に買ってもらえばいいのです。

 

実際に、私は2007年式、走行距離=5万キロのハリアーが複数社に査定してもらったことで、
ディーラーにおける下取り額に比べて65万も高い価格で売ることができました。

 

また、今すぐは売りたくないけれど、数年後に売却しようと思っているケースでも、現在の査定額と数年後の値段を比べることで、
適正な査定額を知ることができるのです。

 

ここまでで“【下取り】ではなく【買取り】してもらわなければならない
”“複数の業者に見積りしてもらって愛車の価値を知っておく”ということはわかっていただけたかと思います。

 

だけど、複数の業者に一つ一つコンタクトして見積りしてもらうのって何だか考えただけで面倒でおっくうになってしまいますよね?

 

そんな時間も余裕もないし、ましてや比較して一番よい査定結果のところを選ぶなんて。。と心の中で思っていらっしゃる方も多いことでしょう。

 

そこで、そんなあなたにお勧めのサイトがあります。
【かんたん車査定ガイド】です!!

 

このサイトでは、最大10社の見積もりが一括比較でき、同時に愛車の最高買取り額が
わかるというとても便利な完全無料のサイトです。

 

複雑な入力も一切なく、メーカー・車種・年式・走行距離を記載すればよいのであっという間に終わります。
また入力後すぐ結果がわかり愛車の相場を知れるという点も非常に良かったです!!

 

 

>>すぐに結果がわかるかんたん車査定を試してみる方はこちら<<

 

 

2017/01/10 13:40:10 | トヨタ
2005年に登場してから、今まで根強くファミリー層に支持されているトヨタのラクティス。そろそろ売却をお考えの方もいらっしゃるでしょう。今回は、そんなあなたに査定で少しでも高い金額を引き出す方法を伝授していきたいと思います。高く売れるのは下取りなのか?買取りなのか?発売から3年、つまり2005年・2006年・2007年ごろのモデルだと、査定に出してもあまり高額は期待できないでしょう。なので、売るのであれば2008年以降、更にS-VSCといった安全装備がついた2013年より新しいモデルだと、査定にとって良い条件といえます。買取り額の具体例は以下のようになります。2013年(H.25)式 / ¥58...
2017/01/04 09:04:04 | ホンダ
ズバリ!フリードは高く買ってもらうことが可能な車です!なので、普通に査定してもらってもそこそこ高い価格で見積もられることが予想されますが、どうせなら損しないように賢く売却してしまいましょう!今回は、そんなフリードの売却を考えているアナタに耳寄りの情報をお届けしていきたいと思います。フリード、不動の人気フリードはミニバンの中でも、更に小さい部類に入るので、プチバンなんて呼ぶ人もいます。大変小回りのきく、実用性に長けた車なので、相当な人気があります。実際に人気のフリードが中古車市場でどのくらいの価格で取引されているのかを知り、自身の愛車を売る上での参考にしていただきたいと思います。「下取り」と「買...
2016/12/29 10:23:29 | スズキ
スズキ・ワゴンRと言えば、車にあまり詳しくない人でも知っているくらいの知名度があるトールワゴン型の軽自動車です。その知名度の高さと実際の使い勝手の良さから、査定価格も想定外の高値を付けてもらえたケースがあります。どうすれば高値で買い取ってもらうことができるのか、そのコツを教えます。年代とグレードで見るワゴンRの買取価格スズキ・ワゴンRは、現行型で5代目となっています。初代の登場は1993年まで遡り、当時のアルトをベースとしたシャーシの全高を高く、着座位置をアップライトにすることで縦横のサイズはアルトと同一ながら、とても広い室内空間を実現した画期的な車種でした。ワゴンRの登場以降、ダイハツ・ムー...
2016/12/29 08:53:29 | トヨタ
プリウスαといえばトヨタから発売されるハイブリッド専用ステーションワゴン及びミニワゴンであり、その燃費の良さと実用性からもファミリーにとても人気の車種です。2011年に初めて発売されたプリウスαは、まだそれほど中古車の市場でも広まっておらず、売却を考えているならば、その稀少さから価値が見込める今が最大のチャンスと言えるでしょう。1円でも高い査定を目指して、押さえておきたいポイントを確認していきたいと思います。プリウスα実際の取引相場はいくらくらい?グレードや、状態、年式、走行距離などによっても具体的な価格は変わってきますが、平均的な買取り価格は130万円くらいが相場です。1)S TOOLING...
2016/12/27 09:03:27 | スバル
フォレスターはスバルが1997年からラインナップに加えたクロスオーバーSUVであり、現行の4代目に至るまで多くのファンを獲得してきました。およそ20年の歴史を持つフォレスターを高く売ることができるテクニックをご教示します。査定額はかなり高めのフォレスタースバルの世界戦略車とも言えるフォレスターは、初代は1997年に登場しました。インプレッサをベースとしながらも、廉価版を設定せず高級感を持たせたのも特徴で、発売当初から全グレードにターボのエンジンを標準装備していました。2代目へとバトンタッチしたのが2002年、デザインはキープコンセプトと言えますが、プラットフォームから一新され、さらに熟成度を高...
2016/12/27 08:37:27 | ニッサン
新型の電気自動車(e-POWER)追加発売されて話題となっている日産ノート。新型は絶好調な売れ行きを示していますが、逆に従来のノートのオーナーであれば、その買取価格は非常に気になることでしょう。ノートの買取価格の実例を示しながら、買取相場をチェック、そして査定額を高めるコツまでをお伝えします。ノート各モデルの買取り価格日産ノートは、初代モデルが2005年に発売されました。その後、2012年までの7年という長いモデルサイクルとなった車種でした。小回りのきく5ナンバーサイズの5ドアハッチバックのボディに1.5Lエンジンを搭載、オーテックジャパンが架装したエアロ仕様の「ライダー」もラインナップされま...
2016/12/21 09:29:21 | トヨタ
そろそろ新車に乗り換えようかなと考え始めた、あなた。今持っているノアを少しでも高く売るための秘訣を徹底研究していきましょう。ノアの査定アップポイント!!ノアは依然として人気の高いクルマです。中でも、特別仕様車や、2.0 Si、XLセレクション、1.8 ハイブリッド Xといったグレードが人気です。色でいうと定番の白と黒、オプションで言うなら純正のアルミホイールやエアロ、そして、デュアルパワースライドドア、ツインムーンルーフ等が人気です。人気のあるノアなので、買取りに出しても、それなりに高い価格で査定してもらえることでしょう。ノアの実際の取引相場は?売りに出すと決めたら、やはり気になるのが、どのく...
2016/12/15 10:14:15 | マツダ
マツダから発売される5ナンバーのコンパクトカーでとっても人気がある車と言って思い浮かぶのはデミオではないでしょうか?!ガソリン車の他にディーゼル車の仕様があったり、日本カーオブザイヤーを獲得したこともあったりして、一度くらいCMで耳にしたことのある、ご存知の方も多い車種でしょう。デミオは、世代を問わず広く親しまれています。そして、それゆえに大変よく購入されており、中古車の市場でも豊富に在庫があり、なかなか高値での売却が困難な状況でもあったりします。1996年に最初に発売されてから、現行の4代目DJ系まで3回のモデルチェンジを繰り返してきました。現行は、まだ2年前に発売され始めたところなので、現...
2016/12/13 08:28:13 | ニッサン
キューブ=CUBEとは、日産から生産・発売されているトールワゴンで、知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。英語で立方体という意味の“CUBE”は、室内空間の広さや、ボンネットが際立つそのキュートなデザインから、若者や特に女性に圧倒的な人気を誇っています。今回は、そのキューブの魅力に迫り、中古車業界での相場や、買取り・下取り事情などについても研究していきたいと思います。依頼するなら下取り?それとも買取り?キューブは、発売からずっと非常に人気があり、街中でもたくさん見かけると思います。それくらい中古車市場でもたくさん在庫があり選びたい放題の状況です。新車でキューブを購入された方は、車検...
2016/12/12 09:16:12 | マツダ
RX-8はマツダが2003年5月〜2012年6月まで生産販売した車種です。1970年代では、マツダが世界で唯一ロータリーエンジンを量産、各車種(ファミリア、RX-7、コスモ)に搭載していましたが、RX-8が生産された期間中は、世界で唯一のロータリーエンジン車でもあったという、とても希少なモデルです。日本においては、どうしても先代のRX-7と比較してのスポーツ性の低下が指摘され、大きな人気を得ることはできませんでしたが、NAロータリー+フロントミッドシップ+FR駆動という、ピュアなスポーツ性を持った車種でした。RX-8査定額の例を挙げてご紹介RX-8に登載されたロータリーエンジンは、通常のピスト...